ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ

『ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ』サイトトップ
 >  記憶力アップの方法論基礎

カテゴリー名:記憶力アップの方法論基礎

カテゴリーの概要:

おすすめ記事リスト
一日七分でできるトレーニングなどを使って劇的に記憶力を上げるジニアス記憶術が全額返金保証付きで購入できる特別キャンペーンページはこちら

ユダヤ式記憶術をお得に試せる特設ページはこちらからどうぞ。

記憶力アップの方法論基礎一覧

記憶術による記憶力アップの基礎


記憶術を使って記憶力をアップさせる方法 記憶術を使って記憶力をアップさせるためには、 特殊なテクニックよりも基礎が大切です。 イメージや物語を使った特殊な覚え方を使う 頻度は少なくした方がいいです。 ...

復習しない天才になる方法


◆勉強しなくてもテストでいい点取る天才 一般人が記憶をするためには、復習しないという選択肢はありません。何度も復習することこそが、記憶力をアップさせる最大の秘訣なのです。ただ、世の中には復習しないでも...

様々な記憶術を組み合わせよう。


様々な記憶術を組み合わせよう。 記憶力アップのためには、様々な記憶術を組み合わせるのが一番です。 記憶術のノウハウは、一般的に応用できるように工夫されてても、 全ての人にぴったり当てはまるわけではあり...

最高級に記憶力がアップする方法、宮口式記憶術講座を紹介します。


最高級に記憶力がアップする方法、宮口式記憶術講座を紹介します。 高校時代、偏差値41だった私が東京大学を主席クラスで卒業し、 東京大学大学院も主席クラスで突破した私が独自に構築した記憶術、 「宮口式記...

記憶力アップはやはり右脳がつかさどる


今回は、記憶力アップと右脳の関係です。記憶力アップと右脳は、どれだけ深い関係を持っているのでしょう?そして、その深い関係を生かして記憶力をアップさせる方法とは?その秘密へ、足を踏み入れていきましょう。

記憶力アップの習慣:記憶力アップの生活


●記憶力をアップさせる習慣術~新しいことは~● 『記憶力をアップさせる習慣術~新しいことは~』に・・・ ★興味のない方は ↓ で記憶力アップの生活習慣を身につける? ★興味のある方は読み進めてください...

記憶力アップ【記憶力アップの方法】


●記憶力アップ【記憶力アップの方法】● 『記憶力アップ【記憶力アップの方法】』に・・・ ★興味のない方は ↓ 人気ブログランキングで記憶力アップの方法を… ★興味のある方は読み進めてください ↓ 記憶...

『記憶力アップの方法論基礎』カテゴリー新着記事

記憶術を使って記憶力をアップさせる方法

記憶術を使って記憶力をアップさせるためには、
特殊なテクニックよりも基礎が大切です。
イメージや物語を使った特殊な覚え方を使う
頻度は少なくした方がいいです。

記憶術のテクニックは裏技として、どうしても
覚えられない情報を覚えるのに使います。
普通の人は記憶術の基礎も知らないので、普通
の正攻法の覚え方もできていないのです。

あなたは、このメルマガで正攻法の覚え方を
極めて他の人に大きな差をつけましょう。

◆多くの人が間違っている記憶の仕方1
「意味を考えていない」

何も考えずに情報を記憶するのはとても難しいです。
余計なことでもいいので、色々考えることが大切です。
覚える内容に意味を見出すのが重要なのです。

英単語を覚える際は、英単語と意味を繰り返して復唱
するだけでは不十分です。
物事にはしっかり意味がありますから、
それを見出しましょう。

「●●と反対の意味か」「●●と似ている意味か」
「意味の割に短い単語だな」「この単語の難易度はAだな」
「この単語が使われる文章は●●だね」
「この英単語の響きは好きだな(嫌いだな)」
「この英単語の発音は●●に似ているな」
「●●っていう日本語に聞こえるな」など様々な
事を考えてみて一番印象に残ることや正確に思い出すのに
役立ちそうなことを重点的に意識しましょう。

上記の例からわかるように、英単語は他の英単語と
比較すると覚えやすくなります。
内容に意味を見出すためには、他のものとの比較が
重要なのです。

毎日少しずつ英単語を覚えるよりも、多くの英単語を
意味を比べながら、違いを意識しながら覚えるほうが
効率が良いのです。

記憶術のテクニックでは、覚える内容にはない意味を
イメージや物語を使ってつけていきます。
そうすることで、覚えにくい内容を意味があって
覚えやすいものに変えていくのです。

意味が無いものに意味をつけていくテクニックですね。
物事に意味自体は、人があとづけしたものなのです。
「意味がある」物事というのは、過去に多くの人が
意味を与えたからこそ、意味を持っているのです。

◆多くの人が間違っている記憶の仕方2
「苦手な内容ほど記憶の頻度が少ない」

記憶の回数ではなく記憶の頻度を増やすことが
大事なのはあなたもわかっているでしょう。
「何回見ても覚えられない」事が多いですから。

実践するためには、このことを知ると同時に、
「内容によって覚えやすさが違う」ことも
意識する必要があります。

覚えやすいことに使う時間を減らさないと、
覚えにくいことを覚える時間は確保出来ませんからね。
無意識に復習をすると、覚えやすいことを重点的に
復唱して記憶を深めてしまうことに注意しましょう。


◆勉強しなくてもテストでいい点取る天才
一般人が記憶をするためには、復習しないという選択肢はありません。何度も復習することこそが、記憶力をアップさせる最大の秘訣なのです。ただ、世の中には復習しないでも、記憶を保持できる天才がたくさんいます。学生時代であれば「あまり勉強しないけどテストの点数は良い」人を、誰でも数人は知っているでしょう。

◆復習しない天才の秘密
復習しない天才には秘密があります。一般人が行う方法では復習しないのですが、天才ならではの方法で復習をしているのです。その方法は、「意識して時間を決めて復習する」のではなく、「日常生活の中で重要な記憶を何度も再現する」という方法です。普通に考え事をするように、復習するのです。記憶力アップにとって最大の敵であるテレビや映画を見ている時でも無意識に復習するのです。

◆人工的な天才になる方法
自然な天才は、この習慣を無意識に身に着けています。誰にも教えられなくても、勉強したことを頭で考えるのは、不自然なことではありません。普通の人は勉強のテーマではなく、それ以外のテーマで頭の中がいいっぱいなので、勉強以外のテーマを何度も復習することになってしまうので、勉強に対する記憶力が低下してしまうのです。

◆天然の天才がだめになる理由
「神童も20過ぎればただの人」と言いますが、この無意識の習慣をやめてしまうと天才も一般人になってしまうのです。特に神童というのは、大人になるに連れて興味関心が広がっていくので、ひとつの分野に発揮する力は弱まっていきます。一つの分野に執着し続けたタイプの天才は、そのジャンルで身に着けた習慣が役に立たない分野に進出すると、普通の人レベルの力しか発揮できないのです。


様々な記憶術を組み合わせよう。

記憶力アップのためには、様々な記憶術を組み合わせるのが一番です。
記憶術のノウハウは、一般的に応用できるように工夫されてても、
全ての人にぴったり当てはまるわけではありません。
それぞれの記憶術でうまくいく確率は人によって様々です。

ですから、例えば、

しっかり意識して確実に論理的に暗唱していく記憶術。
極端におかしなイメージと結びつけて覚える記憶術。
納得できるイメージと結びつけて自然に想起できるようにする記憶術。
論理的にも正しい表や図や動画として暗記する記憶術。
思い出す瞬間にフォーカスして作られた記憶術。

などの様々な記憶術のいいところを組み合わせるのがよいのです。

そうすることで、あなたの状況に最もあった独自の記憶術が習慣として身につきます。


 >  ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログのページ上部へ↑
『ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • 記憶術による記憶力アップの基礎
    記憶術を使って記憶力をアップさせる方法 記憶術を使って記憶力をアップさせるためには、 特殊なテクニックよりも基礎が大切です。 イメージや物語を使った特殊な覚え方を使う 頻度は少なくした方がいいです。 ...
カテゴリーをチェック
最近の記事
  • 記憶力アップはやはり右脳がつかさどる
    今回は、記憶力アップと右脳の関係です。記憶力アップと右脳は、どれだけ深い関係を持っているのでしょう?そして、その深い関係を生かして記憶力をアップさせる方法とは?その秘密へ、足を踏み入れていきましょう。
  • 記憶力アップの習慣:記憶力アップの生活
    ●記憶力をアップさせる習慣術~新しいことは~● 『記憶力をアップさせる習慣術~新しいことは~』に・・・ ★興味のない方は ↓ で記憶力アップの生活習慣を身につける? ★興味のある方は読み進めてください...
  • 記憶力アップ【記憶力アップの方法】
    ●記憶力アップ【記憶力アップの方法】● 『記憶力アップ【記憶力アップの方法】』に・・・ ★興味のない方は ↓ 人気ブログランキングで記憶力アップの方法を… ★興味のある方は読み進めてください ↓ 記憶...