ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ

『ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ』のサイトトップへ
 >  『脳と記憶力【脳と記憶力の関係】』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  多くの人が間違っている記憶の仕方「苦手な内容ほど記憶の頻度が少ない」

おすすめ記事リスト
一日七分でできるトレーニングなどを使って劇的に記憶力を上げるジニアス記憶術が全額返金保証付きで購入できる特別キャンペーンページはこちら

ユダヤ式記憶術をお得に試せる特設ページはこちらからどうぞ。

多くの人が間違っている記憶の仕方「苦手な内容ほど記憶の頻度が少ない」

◆多くの人が間違っている記憶の仕方「苦手な内容ほど記憶の頻度が少ない」

記憶の回数ではなく記憶の頻度を増やすことが
大事なのはあなたもわかっているでしょう。
「何回見ても覚えられない」事が多いですから。

ただし、ただ意味もなく見ていても覚えられません。
記憶術を使って効率よく覚えないと意味が無いのです。
人はなんとなくでは覚えられないのです。

実践するためには、このことを知ると同時に、
「内容によって覚えやすさが違う」ことも
意識する必要があります。

記憶力には個人差もありますが、同じ人でも
すぐに覚えられることもあれば、なかなか
覚えられないこともあります。

たまたま今勉強している分野が覚えやすい人と
自分を比べて「自分は記憶力がない…」と
絶望しないようにしてくださいね。

間違った思い込みから記憶力をアップさせる
チャンスを失ってしまうのはもったいないです。

受験勉強のように科目の多い試験では、覚えやすい
分野に集中することで得点を稼ぐという戦略も有効
かもしれませんが、普通はこの方法は使えません。

受験でも東大のように合格最低点が満点から遠ければ、
この戦略が通用しますが、合格最低点が満点の9割を
超えるような試験では苦手分野の克服が大切です。

覚えやすいことに使う時間を減らさないと、
覚えにくいことを覚える時間は確保出来ません。
覚えやすい分野に関しては余計なことまで勉強して
時間を浪費してしまいがちになるので要注意です。

無意識に復習をすると、覚えやすいことを重点的に
復習してさらに記憶力に偏りが出てしまいます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ』関連エントリー

◆多くの人が間違っている記憶の仕方「苦手な内容ほど記憶の頻度が少ない」 記憶の回数ではなく記憶の頻度を増やすことが 大事なのはあなたもわかっているでしょう。 「何回見ても覚えられない」事が多いですから...
頭が良くなりたいという人には二つのパターンがあります。「論理的・科学的に世の真理を追求したい」「周りの人から頭がいい人として尊敬されたい」というのがその二つです。どちらの場合も記憶術を習得して記憶力を...
●『記憶力アップの極意』のサイトポリシーについて【1】● 『『記憶力アップの極意』のサイトポリシーについて【1】』に・・・ ★興味がない ↓ で『『記憶力アップの極意』のサイトポリシーについて【1】』...
今回は、記憶力アップと右脳の関係です。記憶力アップと右脳は、どれだけ深い関係を持っているのでしょう?そして、その深い関係を生かして記憶力をアップさせる方法とは?その秘密へ、足を踏み入れていきましょう。
『多くの人が間違っている記憶の仕方「苦手な内容ほど記憶の頻度が少ない」』関連エントリー記事

◆多くの人が間違っている記憶の仕方「苦手な内容ほど記憶の頻度が少ない」

記憶の回数ではなく記憶の頻度を増やすことが
大事なのはあなたもわかっているでしょう。
「何回見ても覚えられない」事が多いですから。

ただし、ただ意味もなく見ていても覚えられません。
記憶術を使って効率よく覚えないと意味が無いのです。
人はなんとなくでは覚えられないのです。

実践するためには、このことを知ると同時に、
「内容によって覚えやすさが違う」ことも
意識する必要があります。

記憶力には個人差もありますが、同じ人でも
すぐに覚えられることもあれば、なかなか
覚えられないこともあります。

たまたま今勉強している分野が覚えやすい人と
自分を比べて「自分は記憶力がない…」と
絶望しないようにしてくださいね。

間違った思い込みから記憶力をアップさせる
チャンスを失ってしまうのはもったいないです。

受験勉強のように科目の多い試験では、覚えやすい
分野に集中することで得点を稼ぐという戦略も有効
かもしれませんが、普通はこの方法は使えません。

受験でも東大のように合格最低点が満点から遠ければ、
この戦略が通用しますが、合格最低点が満点の9割を
超えるような試験では苦手分野の克服が大切です。

覚えやすいことに使う時間を減らさないと、
覚えにくいことを覚える時間は確保出来ません。
覚えやすい分野に関しては余計なことまで勉強して
時間を浪費してしまいがちになるので要注意です。

無意識に復習をすると、覚えやすいことを重点的に
復習してさらに記憶力に偏りが出てしまいます。

頭が良くなりたいという人には二つのパターンがあります。「論理的・科学的に世の真理を追求したい」「周りの人から頭がいい人として尊敬されたい」というのがその二つです。どちらの場合も記憶術を習得して記憶力をアップさせることが有効ですが、その他でやるべきことがかなり変わるので、どちらのタイプなのかを明確にしておきましょう。両方を求めている場合は、その程度を明確にしておきましょう。

なぜ周りの人が馬鹿に見えるのか?頭の中で想像できることと文章や言葉にできることには大きな情報量の差があるので、自分の頭の中と他人の文章や言葉を比べると相手が劣っているように感じます。ですから、正確に比較するためには、自分の文章や言葉と相手の文章や言葉のレベルを比較すべきなのです。


 >   >  『多くの人が間違っている記憶の仕方「苦手な内容ほど記憶の頻度が少ない」』のページ上部へ↑
 >  『脳と記憶力【脳と記憶力の関係】』カテゴリー記事一覧へ
『ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
カテゴリーをチェック
最近の記事