ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ

『ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ』のサイトトップへ
 >  『記憶力アップのための生活習慣改善術』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  記憶力がアップする勉強方法をいくつか

おすすめ記事リスト
一日七分でできるトレーニングなどを使って劇的に記憶力を上げるジニアス記憶術が全額返金保証付きで購入できる特別キャンペーンページはこちら

ユダヤ式記憶術をお得に試せる特設ページはこちらからどうぞ。

記憶力がアップする勉強方法をいくつか

記憶力をアップするためには、どうしたら記憶力がアップするかを知っている必要があります。そして、その方法をできるだけ生活の中で実践するようにするのです。それでは早速、記憶力がアップする勉強方法をいくつかあげてみます。

・自分の経験として記憶する
・感情移入しながら記憶する
・映像をイメージして記憶する
・強い興味を持って記憶する
・知的好奇心を持って記憶する
・知っていることと関連付けて記憶する
・好きなことと関連付けて記憶する
・ゴロで物語を作って記憶する
・日常生活の中で復習する
・寝る前に覚えてシッカリ睡眠を取る
・早起きして勉強する
・毎日勉強する
・一日に何度も勉強する
・食事前に勉強する
・楽しみながら記憶する
・自分の声を聞きながら勉強する
・好きな人の声で勉強する

これらを一つでも多く、少しでも実践すれば記憶力がアップしていきます。もうひとつ気をつけておくべきことは、記憶力が低下する行動を減らすことです。記憶力で悩む人は記憶力を低下させる行動をたくさんとっています。具体的に記憶力を低下させる行動をリストにしてみます。

・お酒を二日酔いになるレベルまで楽しむ
・試験に失敗したら現実逃避する
・ど忘れして落ち込みくよくよする
・なかなか覚えられずにいらいらする
・一夜漬けなど短期間で試験を乗り切る
・勉強を先延ばしにする
・寝る前にゲームをして寝不足になる
・何も考えずに丸暗記しようとする
・「余計なことは考えない」と言い聞かせながら勉強する

この両面から記憶力アップを心がけることが大切なのですが、簡単なリストだけでは何をすればよいかわからない方も多いでしょう。また、個人差があるのはいいですが、意味を勘違いして別のことをやってしまっては記憶力が低下してしまいます。そこで、リストを1つずつ掘り下げていきたいと思います。

・自分の経験として記憶する

と言うことを考えてみましょう。自分の経験として記憶すると記憶しやすいのは脳科学的に証明されていますし、一般的な感覚にも会うと思いますので、根拠の説明は省略します。実際にどうすればよいかを中心に語って行きたいと思います。

まずは、「自分の経験として記憶する」ことを深く掘り下げて行きましょう。試験の内容は当然、自分の経験ではないので、試験の内容を自分の経験として捉え直して記憶していくことになります。想像力を使って自分の経験と合わせるのです。勉強とテストを受けること自体も人生経験ですので、「5月の大事な試験で●●という英単語の意味を◆◆と勘違いしてもったいない失点をした」という後悔と組み合わせた覚え方も有効です。

この方法で記憶力アップするためのコツは、ただの事実で処理しないことです。試験に関するできごとはすべて、自分の人生の重要なヒトコマとしてとらえましょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ』関連エントリー

記憶力をアップするためには、どうしたら記憶力がアップするかを知っている必要があります。そして、その方法をできるだけ生活の中で実践するようにするのです。それでは早速、記憶力がアップする勉強方法をいくつか...
●議論で記憶力アップする記憶術 強い知的好奇心を持つことで興奮という快感を 感じながら記憶するとよく思い出せます。 逆に自分に対するおぞましいほどの被害を連想 して恐怖と結びつけてもよく思い出せます。...
●記憶力がアップする習慣 常に何でも記憶術を使って記憶しようとする習慣が大切です。 覚える際に自分に役立てるにはどうすればよいかを真剣に考えましょう。 記憶力アップを自己啓発の一環として自分の人生に役...
本格的な忍者の記憶法の無料レポートを始めとする勉強方法や記憶術の無料メール講座に興味が有る方は、このページの右隅から登録してください。→記憶術”日本一”勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術 ◆忍者の記憶法...
●人間の記憶力【人間の記憶力をうまく利用】● 『人間の記憶力【人間の記憶力をうまく利用】』に・・・ ★興味のない方は ↓ 人気ブログランキングで人間の記憶力以外のトピックを… ★興味のある方は読み進め...
●記憶力をアップさせる習慣術~新しいことは~● 『記憶力をアップさせる習慣術~新しいことは~』に・・・ ★興味のない方は ↓ で記憶力アップの生活習慣を身につける? ★興味のある方は読み進めてください...
『記憶力がアップする勉強方法をいくつか』関連エントリー記事

記憶力をアップするためには、どうしたら記憶力がアップするかを知っている必要があります。そして、その方法をできるだけ生活の中で実践するようにするのです。それでは早速、記憶力がアップする勉強方法をいくつかあげてみます。

・自分の経験として記憶する
・感情移入しながら記憶する
・映像をイメージして記憶する
・強い興味を持って記憶する
・知的好奇心を持って記憶する
・知っていることと関連付けて記憶する
・好きなことと関連付けて記憶する
・ゴロで物語を作って記憶する
・日常生活の中で復習する
・寝る前に覚えてシッカリ睡眠を取る
・早起きして勉強する
・毎日勉強する
・一日に何度も勉強する
・食事前に勉強する
・楽しみながら記憶する
・自分の声を聞きながら勉強する
・好きな人の声で勉強する

これらを一つでも多く、少しでも実践すれば記憶力がアップしていきます。もうひとつ気をつけておくべきことは、記憶力が低下する行動を減らすことです。記憶力で悩む人は記憶力を低下させる行動をたくさんとっています。具体的に記憶力を低下させる行動をリストにしてみます。

・お酒を二日酔いになるレベルまで楽しむ
・試験に失敗したら現実逃避する
・ど忘れして落ち込みくよくよする
・なかなか覚えられずにいらいらする
・一夜漬けなど短期間で試験を乗り切る
・勉強を先延ばしにする
・寝る前にゲームをして寝不足になる
・何も考えずに丸暗記しようとする
・「余計なことは考えない」と言い聞かせながら勉強する

この両面から記憶力アップを心がけることが大切なのですが、簡単なリストだけでは何をすればよいかわからない方も多いでしょう。また、個人差があるのはいいですが、意味を勘違いして別のことをやってしまっては記憶力が低下してしまいます。そこで、リストを1つずつ掘り下げていきたいと思います。

・自分の経験として記憶する

と言うことを考えてみましょう。自分の経験として記憶すると記憶しやすいのは脳科学的に証明されていますし、一般的な感覚にも会うと思いますので、根拠の説明は省略します。実際にどうすればよいかを中心に語って行きたいと思います。

まずは、「自分の経験として記憶する」ことを深く掘り下げて行きましょう。試験の内容は当然、自分の経験ではないので、試験の内容を自分の経験として捉え直して記憶していくことになります。想像力を使って自分の経験と合わせるのです。勉強とテストを受けること自体も人生経験ですので、「5月の大事な試験で●●という英単語の意味を◆◆と勘違いしてもったいない失点をした」という後悔と組み合わせた覚え方も有効です。

この方法で記憶力アップするためのコツは、ただの事実で処理しないことです。試験に関するできごとはすべて、自分の人生の重要なヒトコマとしてとらえましょう。

●議論で記憶力アップする記憶術
強い知的好奇心を持つことで興奮という快感を
感じながら記憶するとよく思い出せます。
逆に自分に対するおぞましいほどの被害を連想
して恐怖と結びつけてもよく思い出せます。

これを利用するのが本格的で情熱的な議論を
行う記憶力アップ方法です。

議論の相手はインターネットで見つけましょう。
まずは自分の主張をブログに書いてみるだけでよいです。
自分が本気で社会を変えるための主張をしましょう。
自分の都合の良いように社会を変えるための主張は
特に記憶力アップにつながります。

かなりハイレベルの知識で武装する必要があるからです。
人の主張を聞かずに自分の意見ばかり押し付けてくる
人間に自分の主張を通そうとしたらかなり記憶力アップ
が望めます。
細部の細部まで圧倒的に正しくある必要があるからです。


 >   >  『記憶力がアップする勉強方法をいくつか』のページ上部へ↑
 >  『記憶力アップのための生活習慣改善術』カテゴリー記事一覧へ
『ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
カテゴリーをチェック
最近の記事