ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ

『ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ』のサイトトップへ
 >  『記憶力強化【記憶力を強化する】』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  歴史上の人物の写真と人名や作品名や実績を結びつける記憶術

おすすめ記事リスト
一日七分でできるトレーニングなどを使って劇的に記憶力を上げるジニアス記憶術が全額返金保証付きで購入できる特別キャンペーンページはこちら

ユダヤ式記憶術をお得に試せる特設ページはこちらからどうぞ。

歴史上の人物の写真と人名や作品名や実績を結びつける記憶術

受験生向けの記憶術

◆歴史上の人物の写真と人名や作品名や実績を結びつける記憶術
一番おすすめの記憶術は、「いたずら書き勉強法」です。いたずら書きといっても、適当に面白半分で書くのではなく、重要な事がうまく記憶に残るように考えて書きます。板垣退助の写真と名前を結び付けたい場合は、板垣退助の特徴であるひげの部分に板の絵を書いておくのです。このように名前や実績から絵を考えられれば、簡単に覚えられるので、絵のイメージを付けることを最優先しましょう。伊藤博文には「糸」を巻き付ける、勝海舟のあたまにとんかつをのせる、新渡戸稲造のあたまに稲を生やす、など一般的に使用できるイメージの他に、大久保利通の「オークというモンスター」の武器を背負わせる、というように自分独自の興味関心にあったイメージを結びつけるのもよいでしょう。

また、どうしてもイメージが浮かばない場合は、漢字の一部を写真に書き加えるとよいでしょう。その際は、自分にとって印象に残る書き方をすることが大事です。芥川龍之介の写真に「くさかんむり」を書き足す時は、芥川龍之介の頭にぴったり乗っているように見えるように意識しながらピンポイントの場所に書きましょう。「芥」という感じが少し斜めになってバランスをとりながら、乗っているように書いてみてもいいと思います。源頼朝ならばさんずいをピッタリと体の横にくっついているように書くのが良いでしょう。

◆この記憶術の応用方法
時代背景を表す写真にも同じ手法が使うことができます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ』関連エントリー

受験生向けの記憶術 ◆歴史上の人物の写真と人名や作品名や実績を結びつける記憶術 一番おすすめの記憶術は、「いたずら書き勉強法」です。いたずら書きといっても、適当に面白半分で書くのではなく、重要な事がう...
『歴史上の人物の写真と人名や作品名や実績を結びつける記憶術』関連エントリー記事

受験生向けの記憶術

◆歴史上の人物の写真と人名や作品名や実績を結びつける記憶術
一番おすすめの記憶術は、「いたずら書き勉強法」です。いたずら書きといっても、適当に面白半分で書くのではなく、重要な事がうまく記憶に残るように考えて書きます。板垣退助の写真と名前を結び付けたい場合は、板垣退助の特徴であるひげの部分に板の絵を書いておくのです。このように名前や実績から絵を考えられれば、簡単に覚えられるので、絵のイメージを付けることを最優先しましょう。伊藤博文には「糸」を巻き付ける、勝海舟のあたまにとんかつをのせる、新渡戸稲造のあたまに稲を生やす、など一般的に使用できるイメージの他に、大久保利通の「オークというモンスター」の武器を背負わせる、というように自分独自の興味関心にあったイメージを結びつけるのもよいでしょう。

また、どうしてもイメージが浮かばない場合は、漢字の一部を写真に書き加えるとよいでしょう。その際は、自分にとって印象に残る書き方をすることが大事です。芥川龍之介の写真に「くさかんむり」を書き足す時は、芥川龍之介の頭にぴったり乗っているように見えるように意識しながらピンポイントの場所に書きましょう。「芥」という感じが少し斜めになってバランスをとりながら、乗っているように書いてみてもいいと思います。源頼朝ならばさんずいをピッタリと体の横にくっついているように書くのが良いでしょう。

◆この記憶術の応用方法
時代背景を表す写真にも同じ手法が使うことができます。


 >   >  『歴史上の人物の写真と人名や作品名や実績を結びつける記憶術』のページ上部へ↑
 >  『記憶力強化【記憶力を強化する】』カテゴリー記事一覧へ
『ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
カテゴリーをチェック
最近の記事