ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ

ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ

一日七分でできるトレーニングなどを使って劇的に記憶力を上げるジニアス記憶術が全額返金保証付きで購入できる特別キャンペーンページはこちら

ユダヤ式記憶術をお得に試せる特設ページはこちらからどうぞ。

ユダヤ式記憶術のやり方と口コミ評判、藤本憲幸の藤本式記憶術のやり方と口コミ評判、川村明宏のジニアス記憶術のやり方と口コミ評判を主に扱います。

« 2012年05月 | 『記憶力アップ方法!』2012年09月 »

『記憶力アップ方法!』の最新記事【2012年06月】

【抜粋】◆メモとノートと記憶力アップと記憶術の関係 メモやノートをうまく活用することで記憶力アップをする記憶術を紹介します。メモやノートが取れない場面では、頭の中にメモやノートを作れるほどに記憶力アップができ... 【本文】

メモとノートと記憶力アップと記憶術の関係
メモやノートをうまく活用することで記憶力アップをする記憶術を紹介します。メモやノートが取れない場面では、頭の中にメモやノートを作れるほどに記憶力アップができる記憶術ですので、ぜひご活用ください。メモとノートと記憶力アップと記憶術の関係を理解すれば、いいことがあります。

メモとノートと記憶力と記憶術は、相互に補い合う関係です。ただ、メモやノートを取ることで記憶力の問題を克服する方法は二通りあります。一つ目は「メモを上手に管理して記憶力の低下が気にならないようにする方法」。そして、2つ目は「メモをする際に記憶力がアップするように書いて覚える方法」です。メモを「余計な記憶力を使わずに済ませられるもの」と思っている人は、メモをすることで内容の記憶をしないようにします。そして、メモの保管場所とメモをしたことを記憶します。逆に、「メモに残すこと」と「記憶に残すこと」を混同している人は、メモをすることで内容を記憶します。この考え方は学生時代のノートの捉え方の影響を受けていることが多いです。

書いて覚える記憶術は、後者のタイプの人にのみ有効です。多くの人が、記憶力の低下に悩む人に「書いて覚えるといいよ」と教えますが、その方法が向いている人にしか効果はありません。特に、「書いておけば覚えなくて良い」と教えられた回数が多い人には逆効果の方法とも言えます。ただ、メモやノートには、書いて覚える記憶術とは別の重要な役割があります。それは、本当に覚えているかどうかをテストして記憶力や記憶術の正しさを確かめることです。学校の授業のノート取りのように、短期記憶だけでできてしまう作業は意味がありません。

◆ノートに書いて覚える記憶術
以下では、書いて覚えるの方法を知ってもらうために、ノートに書いて覚える記憶術について詳しく書いていきます。

書いて覚える記憶術を活用している方は、マインドマップを使いこなしていることでしょう。マインドマップは、各事項の関連性を見てわかるネットワークで表現しますので、記憶力のアップに役立ちます。ただ、マインドマップを使わなくても、各事項の関連性を非常に明確にする記憶術を使えば、記憶力はアップします。むしろ、マインドマップには基本的に2次元の制限があるので、3次元や4次元の空間を頭に思い浮かべて関連付けを行えば、マインドマップを使う場合よりも記憶力はアップします。

◆マインドマップに書いて覚える記憶術
ただ、書いて覚える際もマインドマップを使う場合も2次元の制限があるのですが、その二次元を元にして3次元や4次元の意味の関連空間を想像出来れば、劇的に記憶力はアップします。この意味の関連空間が、日常考えていることと強く結びついていれば、メモやマインドマップがなくてもいつでもどこでも復習ができるので最強です。頑張って脳内での復習によって記憶力を強化する癖がある人は、最高ですね。ただ、実際には、日常生活の中で重要な暗記事項を思い出すのは難しいことも多いです。面倒なので長期的には続かないでしょう。その場合は、メモやマインドマップなどを携帯電話やメモ帳やノートを使って携帯しておけば、いつでもどこでも復習ができるようになります。

書いて覚えるためのメモやマインドマップには、社会一般で通用する関連付けを行えばよいでしょう。自分独自の関連付けは、頭の中の3次元や4次元の空間で行いましょう。独自の関連付けの中で、特に記憶術として有効なものは、「他人に見られると恥ずかしいもの」です。恥ずかしい内容も使って記憶力アップのチャンスを逃さないように脳内でできる作業を重視しましょう。うまく書いて覚える記憶術を活用してくださいね。一般的ではない意外な組み合わせによって新しいアイディアが生まれます。一般的ではない意外な組み合わせを日常的に考えていると、いつか優れたアイディアを生み出すことができます。書いて覚える記憶術の応用は記憶力アップだけでなく、アイディアを発想する能力をアップさせるのにも有効ですよ。

◆英語の勉強を記憶術で行う方法
3次元や4次元で行う意味の関連空間を英語の勉強を例に具体的に考えて行きましょう。英単語の類義語ネットワークと対義語ネットワークを絡み合わせることで3次元の意味空間が広がっていきます。その他に、教材ごとや覚えた時期ごとに英単語を周辺の語句や文章と結びつけて覚えていくこともできます。日本語訳と結びつけると同時に、ニュアンスの違いをベキ図や象徴的な文章や単語などを使ってイメージすることも大切です。多くの事項を関連付けるテクニックが記憶術の肝の部分で、これを習得すると劇的に記憶力がアップします。

◆記憶力アップで未来予測
書いて覚える記憶術を活用して、劇的に記憶力をアップさせると、未来を予測できるようになります。スーパーコンピュータによって、天気予報の制度が劇的にアップする、と言われていますが、人の記憶力を高めることによってもそれに近いことが起きます。解析する過去のデータの量に比例して天気予報の精度が高まるのですが、これはあらゆる未来予測に共通することです。株価や経済動向も、重要な情報をよりたくさん記憶している人ほど未来を正確に予測できます。過去の株価や経済の動向を記憶が、瞬間瞬間で次に起きることを予測するのに役立つのです。メモやノートを使った書いて覚える記憶術以外の方法も組み合わせて、未来を先読みできる人になってください。


『ユダヤ式記憶術のやり方と藤本憲幸・川村明宏のジニアス記憶術の口コミ評判など取り上げるブログ』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • メモとノートと記憶力アップと記憶術の関係
    ◆メモとノートと記憶力アップと記憶術の関係 メモやノートをうまく活用することで記憶力アップをする記憶術を紹介します。メモやノートが取れない場面では、頭の中にメモやノートを作れるほどに記憶力アップができ...
カテゴリーをチェック
最近の記事